診療科目

歯のアイコン

内科

歯のアイコン

内科

急性上気道炎・かぜ症候群

年齢にかかわらず、当院を受診される原因で一番多いものがいわゆる“かぜ”です。 多くが種々のウイルス感染によるもので、抗生物質は効果がありません。

 

基本的には対症治療(症状を緩和するための薬を投与することです。)で経過をみますが、膿性の鼻汁 /痰/扁桃炎が認められれば細菌感染として抗生剤を投与します。

生活習慣病(糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症)

かつては成人病と呼ばれていたものが、糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症などの生活習慣病です。

 

これらはいずれも発症直後には重大な症状や疾患をあらわさず、後々になって心臓病や脳血管障害、腎不全をもたらすいわば時限 爆弾のような病気です。 長期に渡ってコントロールが必要な疾患群ですので、内服治療の継続だけでなく日頃からの食事や運動など ご本人の根気も必要となります。

 

いずれの病気も目標とする数値が年々厳しくなっている印象があります。ただ、これを鵜呑みにして薬剤の増量をしていく必要があ るか疑問が残ります。 目標としての数値は統計的な事実をお伝えした上で、年齢やご本人の意向も加味して現実的なところ(ちょっ と抽象的ですが・・・)を相談して決めていきます。

 

初診で検査(採血)をご希望の方は、朝食を摂らずに受診して頂くことをお勧めします。また、検尿も必要なことが多いので、来院 してからトイレに行かないようご注意ください。

消化器疾患

逆流性食道炎、急性・慢性胃炎、肝胆膵疾患、急性腸炎や便秘症などもあります。 当院でまず行うことは、より高次の医療機関への早急な受診が必要かスクリーニングすることです。

 

そのため、問診・視触診以外にエコーなどの画像診断や採血検査などが必要になることがあります。


大半の方は当院で治療を開始することになりますが、経過としては治癒するか維持療法で継続治療となります。 治療によっても改善傾向のない場合には、さらに精査(紹介を含む)を要することがあります。 胃や大腸の内視鏡検査が必要な方には、幸和クリニックや近隣の施設をご紹介しています。

呼吸器疾患

急性気管支炎や肺炎などの急性疾患と、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの慢性疾患があります。 喘息についてはステロイド吸入により病状の安定する方が多くみえます。ステロイドと聞くと構えてしまいがちですが、すでに十分な臨床実績がありますので適応のある方は相談の上で使用を勧めています。

 

また、最近多いのが咳喘息です。急性上気道炎に引き続いて3週間以上咳が続き、気道の過敏さが強調された状態で、咳止めの効果がほとんどみられません。気管支拡張薬や吸入ステロイドで治療します。

循環器疾患

狭心症や心筋梗塞といった冠動脈疾患のほか、弁膜症や慢性閉塞性動脈炎などがあります。 臨床症状や心電図などの検査結果でこのような疾患が疑われた場合は、基幹病院や大学病院をご紹介して病状の評価と治療をしてもらうことになります。

 

その後病状の安定が得られれば当院での継続治療に移行します。いわゆる生活習慣病の結果として発症していることが多いため、そのコントロールが重要となります。

歯のアイコン

外科

歯のアイコン

外科

外傷・皮下腫瘍など

当院のような小さなクリニックで扱う外科的な疾患は多くありません。

 

外傷による切創/刺創/挫創の縫合や処置、粉瘤/皮下膿瘍/辱創の切開や切除などが対象となります。 創傷の治療では、なるべく湿潤療法を行うようにしています。

歯のアイコン

小児科

歯のアイコン

小児科

感染症

急性上気道炎が多数を占めます。成人との対応の違いは脱水に気をつけて、むやみに解熱剤や抗生剤を使用しないということに尽きると思います。

 

乳児では咳止めもあまり使用しないようにしています。
特に生後半年位から2歳くらいにかけては、多くの感染症に次々と罹ります。 その都度身体は免疫反応を起こして体温を上昇させ、咳や痰鼻水などで異物の排除をしています。 そしてほとんどの場合、発症から2~4日をピークに終息に向かいます。 この経過を経て次第に様々な免疫を獲得することになります。

 


これらの感染症のうち、より伝染性の強いもの、重症化しやすもの、後遺症の危険のあるものについてはワクチンでの予防が非常に重要です。 残念ながら副反応という問題は避けられず、定期接種以外のものは保護者の判断に任せられています。よくご検討頂き不明な点はご相談下さい。

予防接種

この数年で予防接種(ワクチン)の種類・投与方法・補助(お住まいの地域によって取り組みが違います。)や勧奨方法などどんどん変化しています。

ワクチンについては前述したとうり副反応という問題が避けられません。 どのワクチンでも数十%で局所の発赤や疼痛、数%で発熱があり、おたふくワクチンでは約1%で耳下腺の腫脹が認められます。 また、インフルエンザや水痘などのように、せっかく予防接種したのに結局罹患してしまうこともあります。 それでも自然感染によって起こる肺炎や髄膜炎、脳炎、難聴などの可能性が少しでも低下すれば有効と考えています。

今般のワクチンの多種化を受けて、日本小児科学会より同時接種についての見解が発表されました。 曰く、複数のワクチン(生/不活化問わず)を同時に接種しても有効性は変わらず、有害事象の頻度も上がらないとのことです。 このため現在、当院でも同時接種を勧めています。

 

予防接種は必ず事前にご予約を頂いたうえで、午前午後とも診察の終了する30分前までには来院して下さい。接種直後の副反応に対応するためですので、ご理解とご協力をお願いいたします。

歯のアイコン

泌尿器科

歯のアイコン

泌尿器科

尿路感染症

男性では尿道炎、女性では膀胱炎が一般的です。 いずれも臨床症状(人によっては契機が明らか)と尿所見から診断します。
尿道炎の場合は淋菌やクラミジアを対象とした治療を行います。


膀胱炎の場合は大腸菌を対象とした抗生剤を使用します。
いずれも治療を先行して一週間後に再診していただき、尿所見や培養結果によって治癒か治療の継続が必要か判断します。

前立腺肥大症・前立腺がん

50歳以上の男性で、徐々に排尿困難や夜間頻尿になった場合は前立腺肥大症を疑います。 尿の勢いや残尿、前立腺の体積やがんの合併などを評価したうえで治療します。

 

基本的には尿道の機能的閉塞を緩和するお薬を第一選択に使用します。 さらに必要があれば前立腺体積を小さくする薬や、膀胱の無用な収縮を緩和する薬を追加することがあります。

過活動膀胱・尿失禁

切迫する尿意と、日中や夜間の頻尿を特徴とする疾患です。 症状をスコア化することで診断・評価しますが、その前提として尿路感染症や下部尿路閉塞がないことを確認する必要があります。緑内障のある方には治療薬が使えないことがあります。

血尿

疾患というよりは症状になります。
特に肉眼的な血尿が出た時は、様子を見たりせずに泌尿器科を受診して下さい。

 

これまで多くの尿路上皮腫瘍(膀胱がんなど)の方を診てきましたが、進行してしまっている例のほとんどは受診よりもずっと前に血尿を自覚しています。 血尿が自然に軽快してしまうのも、尿路上皮腫瘍の特徴です。超音波検査や細胞診など、なるべく侵襲の少ない検査から相談して精査いたします。

歯のアイコン

皮膚科

歯のアイコン

皮膚科

湿疹・皮膚炎

成因は毒性/刺激性物質の付着、アレルギー、素因(アトピー)、細菌や真菌感染など様々です。 原因となるものの暴露や摂取を避けるようにするのを前提として、抗ヒスタミン薬の内服や消炎剤(ステロイドを含む)外用のほか、 保湿や物理的刺激を避けるなど、ご本人による日々のケアが重要だと考えています。


ステロイドの使用については、患者さまにもいろいろな考えやご経験があり相談が必要です。 ただ、中等症以上のアトピー性皮膚炎では強めのものから十分量をきちんと使用し、 改善すれば弱くまたは使用頻度を減らして継続することにより再燃を防ぐ(プロアクティブ療法)のを基本としています。

 


※当院で処方する外用薬は混合したものも含め全て院外処方ですのでその組成は明らかです。

蕁麻疹・痒疹

アレルギーや食餌、物理的な刺激などによって痒みや発赤を伴う膨疹で一過性のものは蕁麻疹。 急性から慢性で虫刺や素因、妊娠や代謝異常などによるものが痒疹です。

 


痒みは一般に痛みよりも我慢しずらく、掻くことがさらに症状の悪化を招きます。
機能性下着や柔軟剤などが原因と思われる方もいます。

感染症

ヘルペスやイボのようなウイルス、水虫やカンジダ、脂漏性湿疹の真菌、ニキビや蜂窩織炎の細菌と原因は様々です。
イボ(尋常性ゆうぜい)は凸型のものであれば液体窒素による冷凍で比較的早期に治癒する傾向がありますが、足底にできる平らなものは非常に治りが悪く根気が必要です。

 

当院ではニッパー型の爪切りで表面の角質を出来るだけ取り除いてから、液体窒素を圧抵しています。 前述の治療で改善が見られない場合は、ステリハイド(医療器具消毒剤)の外用を行うこともあります。


真菌感染が疑わしい時はきちんと鏡検して確認しています。爪水虫の場合は外用での治療が(爪に穴を開けるなどしないと)無効なので、内服での治療が必要です。 →爪白癬用の塗り薬も発売され使用可能になりました。