補綴治療

歯のアイコン

補綴(ほてつ)治療について

歯のアイコン

補綴(ほてつ)治療について

やむをえず、歯の大部分を失ってしまった場合は、歯に土台を建ててから被せ物(さし歯)をすることによって、おいしくお食事できるように機能を回復することができます。

さらに、歯そのものを失ってしまった場合は、少ない損失に限っては取り外しをしない被せ物、多数の欠損では取り外し式の義歯(入れ歯)を作ります。

目立たない入れ歯など、材料や設計を工夫することもできますが、保険適用外のものもありますので、お気軽にご相談ください。