一般歯科診療

歯のアイコン

保険適応治療

歯のアイコン

保険適応治療

虫歯の治療・歯周病の治療・入れ歯の治療などの多岐にわたる歯科治療を行います。

治療終了後は、お口の健康を維持できるように定期的なメンテナンスを行っていきます。

歯のアイコン

虫歯治療

歯のアイコン

虫歯治療

虫歯の治療は、歯髄(神経)を取るか残せるかで内容が大きく変わります。

当院では、できるだけ、歯髄を残せるように治療するよう心がけております。

歯のアイコン

ホワイトニング

歯のアイコン

ホワイトニング

白い歯を手に入れたい、 より美しい口元を手にい入れたいと思った事は、ありませんか?

自然な明るい笑顔は、第一印象も良くします。 歯のホワイトニングをして理想の口元、明るい笑顔を手に入れませんか?

 

歯のホワイトニングとは、歯を削ってプラスチックやセラミックといった人工的な材料で歯を白くするのではなく 、自分の歯を白 く漂白する治療法です。 歯のホワイトニングには、歯科医の指示に従って自分で自宅などでお手入れする「ホームホワイトニング 」と 歯科医院で受ける「オフィスホワイトニング」があります

歯科領域で、ムシバや歯周病とならんで、多く目立ってきているのが噛み合わせ治療です。

噛み合わせのズレによって起こる弊害としては、

  • 顎の関節の痛み、口が開けにくい
  • 肩こりや肩から首の痛み・腰痛
  • 頭痛・めまい
  • 眼の疲労や痛み
  • 耳鳴り、不眠症状、身体の冷え

など、さまざまな症状を引き起こしやすくなります。 今現在のあなたに、上記のような症状があって、長期間にわたって、なかな か改善されず、なおかつ、久しく歯科を受診されていない場合、もしかしたら、噛み合わせが原因のひとつになっている場合もあ るのです。

歯のアイコン

顎関節症

歯のアイコン

顎関節症

睡眠中、無意識に行う歯ぎしり、顎を安定させている筋肉のバランスがくずれて耳の近くにある関節の痛みやカクンという音がする顎関節症。

勿論、噛み合わせだけが原因ではないこともありますが、原因の要素を占める割合が大きいのです。

マウスピース(スプリント療法)と呼ばれる装置を装着して、歯に対してかかる負担を軽くさせます。

 

また、他の歯と比べて極端に高さのある詰め物や被せもの、或いは極端に低くてきちんと噛めていないものは、削って調整したり、新たに製作し直すこともあります。

 

当院を受診される際に、長期に悩む症状があれば遠慮なくおっしゃって下さい。

噛み合わせ」という立場から診るというのもひとつの方法かもしれませんね。

今までは虫歯の中にある神経を取り除いての治療を余儀なくされていた深い虫歯が、この方法を用いることで神経を温存させて治療することができるようになります。

 

しかしながら、この3mix-mp法によって神経をとらずに治療できる可能性が広がるといっても、どんな場合にも必ず有効かというと、そういうわけではありません。 痛みが取れないような症状の重いものは神経を抜くことがあります。

歯のアイコン

補綴治療

歯のアイコン

補綴治療

現在、部分入れ歯以外に、インプラントやブリッジといった歯科技術がありますが、それぞれに利点・欠点があります。 ずばり、入れ歯の利点は取り外しができることです。

 

そのため、年月が経つにつれて変化する歯やアゴの状態に合わせて調整が可能です。 その変化に合わせて、その時々の最高の状態を作ることができる「部分入れ歯」も非常に有用です。

  • 部分入れ歯、インプラント、ブリッジの利点・欠点
 部分入れ歯 インプラント ブリッジ
特徴 取り外しができる。 人工の歯を歯茎にのせる。歯の根の変わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法。失った歯の両側の歯を削り土台にし,冠を橋渡しして失った部分を補う方法。
長所
  • 取り外しができる
  • 比較的簡単に治療が受けられる
  • 調整が可能
  • 自分の歯と同じような噛む力、味覚、感覚を回復できる
  • 見た目がよい
  • 固定式なのであまり違和感がない
短所
  • 取り外して手入れが必要
  • 違和感が出ることもある
  • 手術が必要
  • 治療期間が長い。体質や疾病、骨の量が十分でないとインプラントができない (骨を移植すれば可能)
  • 費用がかかる
  • 歯磨きが出来ない方には不向き
  • 両側の土台となる健康な歯を削らなければいけないので負担が大きい
  • 土台の歯の寿命が短くなる
  • 土台の歯が健康でない場合ブリッジできない
  • 抜けた歯のアゴの骨が痩せる可能性がある
  • 食べ物のカスが詰まりやすい

部分入れ歯

特徴

取り外しができる。

人工の歯を歯茎にのせる。

長所

取り外しができる
比較的簡単に治療が受けられる
調整が可能

短所

取り外して手入れが必要
違和感が出ることもある

インプラント

特徴

歯の根の変わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法。

長所

自分の歯と同じような噛む力、味覚、感覚を回復できる

短所

・手術が必要
・治療期間が長い。体質や疾病、骨の量が十分でないとインプラントができない (骨を移植すれば可能)
・費用がかかる
・歯磨きが出来ない方には不向き

ブリッジ

特徴

失った歯の両側の歯を削り土台にし,冠を橋渡しして失った部分を補う方法。

長所

・見た目がよい
・固定式なのであまり違和感がない

短所

・両側の土台となる健康な歯を削らなければいけないので負担が大きい
・土台の歯の寿命が短くなる
・土台の歯が健康でない場合ブリッジできない
・抜けた歯のアゴの骨が痩せる可能性がある
・食べ物のカスが詰まりやすい

  • 総入れ歯について

総入れ歯を利用している方の中には合わない入れ歯を使っている方もいらっしゃいます。

 

よく噛めない、すぐ外れてしまう、食事を楽しむことができないといった悩みをお持ちです。 だからこそ、しっかりとした総入れ歯を作ることをお勧めいたします。 また、入れ歯は保険適用で作ることができます。

ただし、保険の範囲で作る入れ歯は、その入れ歯の設計に制限があったり、材質が限定され、あなたに合った入れ歯を作ることが非常に難しくなります。

一方、自由診療の場合は、治療や製作の制限がありません。 十分精密な型取りをして、様々な素材から、あなたのお口にあったものを選ぶことができます。

  • 保険の入れ歯と自由診療の入れ歯の違い
 保険
自由診療
素材
歯ぐき部分
  • 決められている (レジンプラスチック)
  • 自由に選べる、使える素材が多い
  • 好み、機能によって使い分け可能
人工歯
  • プラスチック
  • プラスチックの他に、セラミック、金属などが選べる
製作工程
  • 印象(型取り)1回 特殊器具等使わない
  • 精密な印象(型取り)
  • 精度を上げるための器具を使用
  • お顔に合わせた設計ができる
  • 筋肉を再現
審美性不自然な感じ自然な色に合わせられる
調整痛いところなどの調整が多い精度が高くなるため調整が少なくて済む

保険

素材 (歯ぐき部分)

決められている (レジンプラスチック)

人工歯

プラスチック

製作工程

印象(型取り)1回 特殊器具等使わない

審美性

不自然な感じ

調整

痛いところなどの調整が多い

自由診療

素材 (歯ぐき部分)

・自由に選べる、使える素材が多い
・好み、機能によって使い分け可能

人工歯

プラスチックの他に、セラミック、金属などが選べる

製作工程

・精密な印象(型取り)
・精度を上げるための器具を使用
・お顔に合わせた設計ができる
・筋肉を再現

審美性

自然な色に合わせられる

調整

精度が高くなるため調整が少なくて済む