歯周病治療

歯のアイコン

やまとむら歯科の歯周病治療

歯のアイコン

やまとむら歯科の歯周病治療

歯肉の状態の検査からはじまり、歯石除去、はみがき指導を徹底的に行っていきます。 なかなか改善が見られない場合は、外科的な処置を行う場合もあります。

 
  • 歯周病は、歯垢が原因の病気です。
  • 歯を失う最大の原因は歯周病。気が付いた時は手遅れな場合も・・・。

統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。

 

しかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。 実は10代から少しずつ進行していき20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり冒し、歯ぐきから血が出るという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎にな っています。

 

虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに…なんてこともありえる怖い病気なのです。

  • 歯周病は悪化する。大きく分けると4段階。

歯周病の進行段階は、大きく分けて「歯肉炎」「軽度歯周病」「中等度歯周病」「重度歯周病」の4段階に分けられます。

 

ほとんどの人は、「歯肉から血が出る」といった自覚症状を感じてからはじめて歯科医の診察を受けに行きますが、このような症 状があるときは、かなり進行している場合が多い。 ついつい放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てきます。

 

50歳代で「自分の歯がほとんどない」ということにならないよう、日頃から歯周病の予防をぜひ心掛けたいものです。

  • 歯周病は生命を脅かす病気。糖尿病・早産の危険性も・・・。

歯周病が人の生命を脅かす病気だという研究結果を米国の歯周病学会が発表しました。 歯周病の人は心臓病の発生率が25%も高 く呼吸器系や糖尿病、早産の可能性も高いのです。 汚れた口の中で菌が繁殖して肺や血管に入るためではないかといわれています。

  • 歯周病は治療すれば治る病気。計画的なメンテナンスを。

歯周病は50代を過ぎてから大きく差が出てきます。 その先なるべく多くの歯を残すために、しっかりと治療していかなければなり ません。 また歯周病は、しっかり治療すれば治る病気なのです。 小歯周病の直接的な原因は歯周病菌の感染ですが、歯周病を悪化さ せる原因として、

  • 咬み合わせ
  • 不適合なかぶせ物
  • 全身疾患

などが影響してきます。 それぞれについて、しっかりと治療しないと歯周病は治すことができません。

 

歯周病の治療はまず、担当衛生士がブラッシング指導、食事指導などを行い、歯周病の原因である歯垢、歯石を徹底的に除去しま す。同時に、咬み合わせ、かぶせ物に問題がある場合は、担当医が治療いたします。 これにより初期の歯周病は治すことができま すが、進行した歯周病に対しては、患者様のご希望があれば、外科的歯周病手術を行い、完治させる場合もございます。 治療後の メンテナンスが歯周病に対して大きく左右します。 そのため、計画的、長期的なメンテナンスを行っていきます。