噛み合わせのズレ

歯のアイコン

やまとむら歯科の噛み合わせのズレの治療

歯のアイコン

やまとむら歯科の噛み合わせ治療

噛み合わせのズレは、さまざまな症状を引き起こしやすくなります。 今現在のあなたに、下記のような症状があって、長期間にわたって、なかなか改善されず、なおかつ、久しく歯科を受診されていない場合、もしかしたら、噛み合わせが原因のひとつになっている場合もあるのです。

噛み合わせのズレによって起こる弊害

  • 顎の関節の痛み、口が開けにくい
  • 肩こりや肩から首の痛み・腰痛
  • 頭痛・めまい
  • 耳鳴り・不眠症・身体の冷え
  • 噛み合わせのズレ
歯のアイコン

歯ぎしりや顎関節症は噛み合わせの悪さからくる場合がある

歯のアイコン

歯ぎしりや顎関節症は噛み合わせの悪さからくる場合がある

睡眠中、無意識に行う歯ぎしり、顎を安定させている筋肉のバランスがくずれて耳の近くにある関節の痛みやカクンという音がする顎関節症。 勿論、噛み合わせだけが原因ではないこともありますが、原因の要素を占める割合が大きいのです。

治療例

マウスピース(スプリント療法)と呼ばれる装置を装着して、歯に対してかかる負担を軽くさせます。 また、他の歯と比べて極端に高さのある詰め物や被せもの、或いは極端に低くてきちんと噛めていないものは、削って調整したり、新たに製作し直すこともあります。 当院を受診される際に、長期に悩む症状があれば遠慮なくおっしゃって下さい。
 
「噛み合わせ」という立場から診るというのもひとつの方法かもしれません。